フライヤー印刷でPR手段を大量に|数と品質両方で攻める

企業の文書作成と送付

印刷機

企業においては、様々なシーンで挨拶状を顧客に送るケースがある。本社の移転や支社の設立など、挨拶状を送る場合がある。そのような際、挨拶状を社内で作成し印刷、送付することが一般的であるが、大量に作成したい場合や送付先が多い場合、社内で印刷することが手間となるケースも多い。そのような際、有効な手段としてあるのが、挨拶状の印刷業者の活用である。印刷業者では、社内で作成した挨拶状を印刷し送付してもらえるサービスや、テンプレートが用意されておりそれに沿って文章を作成し送付するだけで良いものなどサービス内容は様々になっている。特に大量に作成する場合には、宛名を1件ずつ印刷していくことが大変なケースも多いため、これらを活用することで効率よく送付できる。

挨拶状の印刷を業者に依頼して行う場合には、いくつかの注意点がある。まずは、料金設定の確認がある。これらの印刷および送付のサービスでは、印刷のみ行う場合や、はがきや手紙の形式にして送付してくれるものなど様々あり、料金設定も異なる。特にこれらの送付では、送料が大きな割合をしめるため、それらを含んだ料金であるかの確認に注意が必要となる。また、宛先印刷を含め業者に依頼する場合には、それらの情報管理が十分行われているかの確認も重要になる。顧客情報の漏えいにより、取引先相手の企業からの信頼を失う危険性が有る。その為、依頼する業者の情報管理の方針や信頼性を十分に確認した上で依頼することに注意が必要になってくる。

Copyright© 2016 フライヤー印刷でPR手段を大量に|数と品質両方で攻める All Rights Reserved.