フライヤー印刷でPR手段を大量に|数と品質両方で攻める

企業の文書作成と送付

印刷機

企業においては、本社移転や支社設立など様々ケースにおいて挨拶状を送付することがある。これらの挨拶状を印刷業者に任せることで、大量に送付する場合には効率化できる。活用時には、料金設定や業者の信頼性確認が重要になる。

詳しくはコチラ

お得な業者の活用例とは

印刷機

はがきや写真、シールなど、家庭でも印刷自体を行うことは可能ですが、より品質を重視したいというのであれば専門の業者を利用するのがおすすめです。格安業者を活用すれば費用負担を最小限に抑えることができるので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

詳しくはコチラ

ネットで注文がお得

チラシ

プリンター不要が魅力です

イベントやライブ告知などで利用するフライヤーですが、家庭用のプリンターで大量の部数を印刷すると途中でインクが切れたり、紙が詰まったりと失敗が少し心配ですよね。また、パソコンは持っていてもプリンターを持っていないと言う人も多いと思います。そこで最近ではフライヤーの原稿を画像ファイルやOfficeの文書ファイルで作成し、それをインターネット経由で転送して印刷できるフライヤー印刷サービスが多数展開されています。多くのサービスは名刺印刷やポスター印刷を受注している業務プリントサービス業者が運営しているので、フライヤー印刷についても家庭用のプリンターよりも印刷の品質も高く出来るところがほとんどです。印刷して仕上がったものが自宅に発送されます。

デザインや部数は自在です

インターネットのフライヤー印刷サービスですが両面か片面の印刷、フルカラーにするか白黒か、片面カラーにするか等を事前に選ぶことが可能です。また、印刷サイズの指定も自由に出来ますのでそれぞれの目的に合ったフライヤー印刷をおこなえます。印刷部数と発送期間によってフライヤー1枚の単価が変わるサービスもありますので、単価を抑えたい場合は早めに原稿(画像ファイルや、Officeの文書ファイル)を作成し余裕をもってフライヤーを印刷手配すると良いでしょう。そして印刷確定をしてしまうと、原稿の書き直しや修正は出来ませんので誤字脱字や気になっている点などはしっかりと確認してから印刷確定に進みましょう。思わぬミスで、せっかくのフライヤーが全滅してしまうことがなくなります。

様々な依頼方法を知る

案内

印刷業者に任せた方が良い時もありますが問題は価格に見合うかであり、現在ではインターネットの利用によって更に激安にそして便利なので探して利用する方が良いのです。インターネットを利用しての印刷は更なる可能性の拡大に繋がり多様性も生み出し、利用者にとっては色々と良いサービスもあるので人気となっています。

詳しくはコチラ

Copyright© 2016 フライヤー印刷でPR手段を大量に|数と品質両方で攻める All Rights Reserved.